パイプラインの低圧化システム

メディア掲載記事


パイプラインの低圧化システム

トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


水と土 No.108 1997 1997年(平成9年)4月1日 発行

パイプラインの低圧化システム

パイプラインの低圧化システム

農業土木技術研究会の許可を得て掲載しています

パイプラインの低圧化システム

斎藤 正樹

クラウンエンジニアリング(株)

寺川 吉博

角田 範明

稲垣 仁根


要旨(原文より)
畑地かんがいにおいて、末端パイプラインに塩化ビニル管を安全に使用するための低圧化システムを紹介する。
パイプラインの低圧化システムとして、従来型あるいは新型の自動減圧弁を用いて静水圧を遮断し、水撃圧についてはエアーバッグや安全弁により対処する方法を組み合わせる方法を提案する。
さらに、新型の自動減圧弁を直列配置して設計内圧を段階的に低減する直列低圧化システムを提案する。

この論文全文の表示・印刷は、こちら(PDF ファイル 3.9MB)をご利用ください。


この新型自動減圧弁のより詳しい説明については、
 定圧弁(減圧弁)UFSP 型
 定圧弁(減圧弁・過大流量カット機能付)UFSP-C 型
をご覧ください。


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件