ポンプ製造 進む自動化

メディア掲載記事


ポンプ製造 進む自動化
トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


中國新聞  2015年(平成27年)7月23日(木曜日)掲載

ポンプ製造 進む自動化
横田製作所 人手不足に備え

各種ポンプのメーカー、横田製作所(広島市中区)は、ポンプに使う部品の製造工程の自動化を進める。
将来、より深刻化が見込まれる人手不足に備え、作業を効率化する狙いだ。

直径1メートルまでの金属部品を加工できる中型マシンニングセンター(MC、複合工作機)2台を約7千万円を投じ、初めて導入。個別の機械が必要だった切削や穴開けが一度にできるようになり、ポンプの水を吸い上げる部品の加工などに使っている。MCを適用できる範囲を広げる模索をしており、もう1台購入する検討を始めた。

同社は耐久性に優れた独自のポンプを全て受注生産している。顧客の細かい要望に応じるため、従業員の「職人技」に依存する部分が多い。従業員は旋盤から伝わる振動や音で部品の出来を判断するという。

一方で、人口減による人手不足は経営リスクと捉えている。三浦眞理夫社長は「職人技が大切なのは変わらない。可能な部分は自動化を進めていく」と説明している。 (堀晋也)

<写真>
横田製作所の本社工場。製造工程には、従業員の「職人技」に依存する部分が多い。

ポンプ製造 進む自動化 横田製作所 中国新聞

中国新聞社提供



各製品のより詳しい説明については、
 
脱泡・脱気ポンプ DP、ASP 型
 自吸渦巻ポンプ UHN シリーズ
 無水撃チェッキ弁 SL シリーズ
をご覧ください。

脱泡・脱気関係の詳しい製品情報については、
特集記事「脱泡・脱気」をご覧ください。
発電所関係の詳しい製品情報については、
特集記事「スラリーの自吸」をご覧ください。
海水取水関係の詳しい製品情報については、
特集記事「海水取水」をご覧ください。


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件