下水処理場・浄水場

特集記事


「下水処理場・浄水場」
トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


下水処理場・浄水場の「お悩み」を解決しました‥‥ヨコタ超自吸ポンプ UPM、UPS 型 (PAT.)

現代の暮らしを支える重要なライフライン、それが上水道・下水道です。
日頃は何気なく使っている上水・下水ですが、自然災害によって支障が出たりすると、今更ながら、その重要性と、その維持のために大変な努力が払われていることに気付かされます。
最近は、自然環境の保全のためにも、上水道・下水道の役割はますます重要となっています。同時に効率化やコストダウンも重要な課題となっています。

ヨコタは「水のソリューション企業」として、上水道・下水道のポンプ・バルブ設備に関するさまざまな「お悩み」に対するご提案を行い、効率化やコストダウンのお手伝いをしています。
それらのいくつかを、ここにご紹介します。


「お悩み その1」−下水処理場


下水処理場の沈砂池では、大量の雨水が流入した場合には雨水ポンプで排水しますが、排水しきれない雨水は滞留したままになります。
滞留した雨水は時間とともに腐敗し始め、臭気を出すようになります。
汚濁と臭気のある滞留雨水をそのまま河川に放流すると、河川は汚れ臭くなり環境問題に発展しかねません。
何か良い処理方法はないものでしょうか?

沈砂池概要
沈砂池概要


「お悩み その2」−下水処理場


下水処理場に集合する汚水には、石や砂のほか、ゴミが多く混入しています。
下水処理場

下水処理場

下水処理場


着水井に流入した汚水は、除じん機で粗いゴミを取り除き、大きな「スクリューポンプ」で吐出井に送られています。
この着水井から吐出井に移送処理するための建設コスト・機器コスト・維持管理コストは多大です。
これらのコストを大幅に下げる方法はないものでしょうか?

スクリューポンプ外観
スクリューポンプ外観


「お悩み その3」−浄水場


浄水場には沈殿池が、少ない所で 10ヶ所、多い所で 20ヶ所以上もあります。
沈殿池の表層面には、浮草や藻など浮遊物がたくさんあります。
浄水場 1
浄水場 2
浄水場 3

沈殿池の浮遊物の除去は人手で行っています。網ですくって浮遊物を取除きます。‥‥重労働でコストも掛かります。
もっと簡単な方法はないものでしょうか?

浄水場 4

浄水場 4




ヨコタ超自吸ポンプ UPM、UPS 型は、これらの「お悩み」を解決しました

「お悩み その1」に対してヨコタは提案します‥‥低コストで環境問題を解決します


ヨコタ超自吸ポンプ UPS 型は、沈砂池の滞留水を吸上げて汚水処理場に圧送することができます。
汚濁と臭気のある滞留水をそのまま河川に放流することはなくなり、河川の環境保全と沈砂池等の悪臭軽減ができて高い評価をいただいています。

A市土木局下水道部 D中継ポンプ場殿
管理棟 雨水井排水ポンプ
雨水棟 雨水井排水ポンプ
滞留汚水の送水の様子
管理棟 雨水井排水ポンプ ヨコタ超自吸ポンプ
雨水棟 雨水井排水ポンプ ヨコタ超自吸ポンプ
滞留汚水の送水の様子

A市土木局下水道部 D中継ポンプ場殿

雨水井排水ポンプ 型式:UPS-20-1520N

雨水井排水ポンプ ヨコタ超自吸ポンプ


A市土木局下水道部 T浄化センター殿

汚濁対策ポンプ 型式:UPS-20-1520N

汚濁対策ポンプ ヨコタ超自吸ポンプ



「お悩み その2」に対してヨコタは提案します‥‥移送処理コストは半減します


ヨコタ超自吸ポンプ UPS 型は、「スクリューポンプ」に代わって着水井から吐出井への移送処理を簡単にこなします。そして建設・機器・維持管理コストを半減します。

建設コスト

機器スペース(屋外・屋内共)は約半減できます。建設コストの大幅な削減になります。

機器コスト

UPS 型を使用することにより半減以下となります。

維持管理コスト

UPS 型のポンプ構造は、無閉塞ノンクロッグ羽根を採用し、汚水通過部はヨコタ二相ステンレス合金 YST130N を採用、耐食・耐摩耗性は抜群です。又、水中ポンプと異なり、床上の横置き設置なので。メンテナンスも楽です。


従来型とヨコタ UPS 型の比較(設備スペースを含めたイメージ比較)
従来型
ヨコタ UPS 型

従来型 スクリューポンプ

ヨコタUPS型 超自吸ポンプ


「お悩み その3」に対してヨコタは提案します‥‥軽作業で作業効率は大幅にアップします


ヨコタ超自吸ポンプ UPM 型は、浮遊物の除去作業を楽にして効率を大幅にアップします。又、コスト低減にもなります。

作業は、家庭で使われる掃除機のイメージです。
軽便型のヨコタ超自吸ポンプ UPM10 型で浮遊物をすばやく吸引します。又、所定の場所に圧送することもできます。
用途に応じて真空ポンプの能力をアップ(オプション)しますと、更に作業効率は上がります。

ヨコタ超自吸ポンプ UPM 型


吸込口(テスト品)の様子

吸込口の様子 ヨコタ超自吸ポンプ UPM 型



ヨコタ超自吸ポンプ UPM、UPS 型(特許)について

このポンプは、気水分離羽根および抽気ポンプ(真空ポンプ)と連動させた渦巻ポンプです。
渦巻ポンプの中心部に集まった気水混合体は、気水分離羽根の回転により水と空気に遠心分離され、空気は常に抽気ポンプにより吸引・排気されます。従って、渦巻ポンプは空気閉塞を起こすことが無く、常に安定した最高のポンプ性能を発揮する事ができます。

ユニークな特長

高粘度液、石混じりの泥水、空缶混じりの下水など、気泡や固形物の混入した液体(いわゆる混相流・多相流)でも連続吸上げ、移送ができる画期的なポンプです。

最初から一滴の呼び水も不要な超自吸式です。

吸込管は波形、山越え形等、自由に敷設できます。

耐食・耐摩耗材質として、ヨコタ特殊ステンレス鋳鋼 (YST) 等、豊富に材質を用意しています。


UPM 型:抽気ポンプ内装形
UPS 型:抽気ポンプ外装形
UPM型 抽気ポンプ内装形
UPS型 抽気ポンプ外装形


各製品のより詳しい説明については、
  超自吸ポンプ UPM、UPS 型
  特殊ステンレス YST シリーズ
をご覧ください。


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件