自吸式プロセスポンプ


プロセスポンプ
UB シリーズ
(PAT.)

自吸式もあるバックプルアウト型
トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


技術データ

UB、UBC 型の自吸特性を引き出すために、下記の各事項をお守りください。

据付配管

1.

ポンプの吸込はエンド方向です。下図の配管例に示す通り、吸込配管の途中に逆 U 字型にベンド配管を設けてください。

2.

自吸式ポンプのためフ−ト弁や中間弁は特に必要ありませんが、運転頻度の多いもの、自吸時間短縮を要する場合は設置してください。これはポンプ内の残留水をできるだけ多く確保する目的です。弁が不確実で漏れが発生しても差し支えありません。

3.

軸封がグランドパッキンの場合は、自吸中の空気の吸込み防止、およびグランドパッキン性能保持のため外部封水をご計画ください。

4.

ポンプを起動するとケーシング内保有水は、一旦吐出側に放り出され、循環の始まりと共にケーシングに戻り、安定します。放り出された水がチェッキ弁(逆止弁)や曲り管に溢脱しますと、循環水量が不足し、自吸能力が低下しますので下図に示す高さの立上り管を設けてください。立上り管が長過ぎて配管上都合が悪い場合はケーシングと同材質で特殊構造の吐出短管 h2 を用意していますので、お問い合わせください。

5.

吐出側にはチェッキ弁(逆止弁)を設置してください。ポンプ運転停止時に、逆流によるウォーターハンマーを防止するため、ヨコタ無水撃チェッキ弁をご選定ください。特に並列運転の場合、一方のポンプを停止すると他方の吐出圧が背圧としてかかるためウォーターハンマーを発生しますので、その防止対策が必要であり、ヨコタ無水撃チェッキ弁をご活用ください。更にヨコタ無水撃チェッキ弁に無送水検知器(オプション)を取付けると空転を防止することができます。

6.

並列運転またはチェッキ弁より上方の実揚程がポンプ締切揚程の 1/3 以上の場合は、チェッキ弁に背圧がかかり排気が困難となるため、排気弁を取付けてください。この場合、立上り管のなるべく上方(下図 J 位置)に下記の適用表のソケットを設け、吸気部先端が立上り管径の中心となるよう排気弁を取付けてください。
排気弁からは水漏れがあります。また、停止中に空気を吸い込みますので、吸水面下まで配管してください。
尚スラリー液の場合は別途ご相談ください。



配管例 1 吸上げ自吸運転

逆 U 字部はポンプ口径に合わせてください。

自吸式プロセスポンプ 吸上げ運転(1)

逆 U 字部横引配管(L)は 3m 以内としてください。

自吸式プロセスポンプ 吸上げ運転(2)


配管例 2 真空槽(真空タンク)引抜き運転


配管例 3 横引き長大配管の吸上げ自吸運転


自吸式プロセスポンプ 真空槽引抜運転

逆U字部はポンプ口径に合わせてください。

自吸式プロセスポンプ 横引き長大配管の吸上げ自吸運転


立上り管の寸法

自吸渦巻ポンプ 立上り管の寸法


立上り管の長さ  

h>= 200 + d + 5H(全揚程 <=50m)

h>= 300 + d + 5H(全揚程 >50m)

但し、

h1

立上り管面間 mm

d:

吐出口径   mm

H:

ポンプ全揚程 m


(例)
UB-0523 80mm/50mm x 0.3m3/min x 22m x 1750min-1 x 3.7kW
h
1>=200+(50)+(5x22)=360
より、立上り管の長さは 360mm 以上としてください。
尚、立上り管の長さはできるだけ 500mm 以上としてください。
スラリー液の場合はご相談ください。


排気弁の適用

  吐出管径 (mm)

  弁口径

40 - 80

10A

100-150

15A

200-250

20A

300-350

32A



型式概要
構 造
技術データ
選定・外寸図
見積依頼


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件