超自吸ポンプ


超自吸ポンプ
UPM、UPS 型(PAT.)

気泡混入液や高粘度液を吸上げ移送
トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


超自吸ポンプ

特許:日本、米国ほか海外

口 径 50-250mm
全揚程 10-60m
吐出量 0.1-8m3/min



超自吸ポンプは、気水分離羽根および抽気ポンプと連動させた渦巻ポンプです。
渦巻ポンプの中心部に集まった気水混合体は気水分離羽根の回転により水と空気に遠心分離され、空気のみが抽気ポンプにより吸引・排気されるので、渦巻ポンプは常に抽気ポンプの最高負圧と排気量がかかる状態で運転されます。従って、渦巻ポンプに空気閉塞を起こすことが無く、更にキャビテーションが発生しにくいので、常に安定した最高のポンプ性能を発揮し、運転する事ができます。
高粘度泥状物質、気泡を含む液体(いわゆる「混相流体」「多相流体」)の強力な連続吸上げ移送が可能な世界唯一の渦巻ポンプです。

UPM 型 

抽気ポンプ内装形

UPS 型 

抽気ポンプ背負形

UPS 型 

抽気ポンプ別置形


ユニークな特徴

高粘度泥状物質、気泡を含む液体(混相流体・多相流体)の強力な連続吸上げ、移送が可能な世界唯一の渦巻ポンプです。

食品原料、石混じりの泥水、空缶混じりの下水など固形物の混入した液体でも連続吸上げ、移送ができる万能ポンプです。

最初から一滴の呼び水も不要な超自吸式です。

吸込管は波形、山越え形等、自由に敷設できます。

合理的な構造により、信頼性が高く、保守が容易で経済的な自動運転ができます。

あらゆる液質に応じられるよう、FC 、SCS の他、耐食・耐摩耗材質として、ヨコタ特殊ステンレス鋳鋼 (YST) 等、豊富に材質を用意しています。


作動原理(特許)‥‥この素晴らしい性能をお試しください

UPM 型

超自吸ポンプ 構造図

4:

主羽根車

5:

気水分離羽根

6:

戻り通路

14:

抽気ポンプ羽根車


渦巻ポンプと抽気ポンプの間に気水分離羽根 5 を配置しています。
運転を開始すると、主羽根車 4 は空転すると共に、抽気ポンプ 14 が作動し、吸込管内の空気が排除されます。
空気が完全に排除され、吸込揚程に近い真空度に達すると揚液はポンプ室に流入し、更に主羽根車 4 により外周に吐き出されます。
抽気ポンプ 14 の吸引により、中心部の気水混合体は主羽根車裏側から気水分離羽根 5 に達します。
気水混合体は気水分離羽根の回転により瞬時に遠心分離されます。
液体は戻り通路 6 を通って再び吸込口に戻り、気水分離羽根 5 の中心部に集まった空気のみが抽気ポンプ 14 に吸引されます。
従って、吸込側はいつでも抽気ポンプの最高真空度と排気量がかかる状態で運転され、ポンプ吸込口及び主羽根車に空気閉塞を起こす事がありません。


用途

食品移送

醤油、ソース、だし汁、ケチャップ、もろみ、焼酎、ワカメ、シソ、他の粗原料の流体移送

化学液移送

リン酸スラリー、ホルマリン、アンモニア、苛性ソーダ、軽油、重油、濃硫酸、ケトン、アクリル酸エステル、エチレングリコール等の揮発性液、ガス混入液、ポリプロピレンパウダー、ペレット、他

タンカー荷役 

アニリン、ニトロベンゼン、酢酸、硝酸、他の荷役(ストリッピング兼用カーゴオイルポンプ、バラストポンプ、ビルジポンプ)

排泥

ヘドロ、パルプ汚液、泥水、し尿、微粉炭スラッジ、下水道汚水、他
(日本農業集落排水協会型 施設機器等標準仕様(案)準拠)

土木掘削工事 

泥砂、海水、礫混入泥水、他(リバース・サーキュレーション工法用ポンプ、無閉塞ドレッジポンプ、サンドポンプ)

真空槽引抜き 

純水、化学液、他

脱泡

発泡性ラテックス液、発泡性澱粉液、ノルマルパラフィン発酵槽液、潤滑油、油圧作動油、切削油、他

その他

雪の水力輸送(詳細は、特集記事「除雪・消雪」をご覧ください。)



ご使用例・設置例

食品移送用

詳細情報 >

食品移送用超自吸ポンプ

食品移送用超自吸ポンプ


脱泡用

詳細情報 >

脱泡用超自吸ポンプ

ケミカルタンカー用

詳細情報 >

ケミカルタンカー用超自吸ポンプ

リバース・サーキュレーション用

詳細情報 >

リバース・サーキュレーション用超自吸ポンプ

下水道用

詳細情報 >

下水道用超自吸ポンプ


本製品の真空度を更に強化した脱泡、脱気用のポンプもあります。
 
脱泡ポンプ UPSA 型
 脱泡・脱気ポンプ ASP 型
をご覧ください。


型式概要
構 造
技術データ
選定・外寸図
見積依頼


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件