自動ストレーナー


自動ストレーナー
ST 型(PAT.)

簡単操作で目詰まりを楽々解消
トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


自動ストレーナー

特許:日本、米国ほか海外

口  径 50-300mm
標準耐圧 1MPa


手動でも あっ! という間の楽々操作できれいな水に

簡単操作による、ストレーナーの目詰まり除去

簡単な操作によりスクリーンに詰まったゴミを強力に剥離除去し、抜群の除塵性を発揮します。

作業効率の向上

楽々ハンドル操作で手を汚さず、容易に操作ができ時間をほとんど要しないので作業効率が飛躍的に向上します。

電動力不要

電源を必要としないため維持費が削減できます。
※小電カモーターでの自動化もできます。

高い経済性

シンプル構造のため、わずらわしい調整が不要で耐久性があり、メンテナンスも極めて容易で維持費が削減できます。



横造・作動原理(特許)

自動ストレーナー

1.

出口弁を閉じるとスクリーンと出口弁とに仕切られた袋室状の流体区画ができます。

2.

ハンドルを回しカムを回転させると、スクリーンが下方へ移動します。

3.

カムの段差の位置を越えるとスクリーンがコイルばねの力で急激に上昇します。

4.

このときスクリーンの内部の流体は外部へ急激に押し出され、スクリーンに付着しているゴミを吹き飛ばします。(スクリーン自身が異物を吐き出す様に見えるところから「自噴式」と呼んでおります。)


ゴミの排出方法

.入口と出口の差圧が 50kPa 以上になったら下記の操作を行ってゴミを排出します。

1.

出口弁 V1 を閉じます。

2.

ハンドルを回しカムを作動させ、スクリーンのゴミを剥離させます。

3.

排出弁 V2 を開くとケースの下部に堆積したゴミは外部へ排出されます。

.

ゴミの種類によって1回で剥離しない場合は、ゴミが落ちるまでハンドル操作を2〜3回繰り返してください。

.

自動弁・小型モーター・差圧計を利用して差圧を自動的に感知し、上記作業を自動化することもできます。


1回のカム操作でほとんどのゴミが排除されていることが判ります。
自動ストレーナー
自動ストレーナー

スクリーンにゴミが
詰まった状態
スクリーン 目幅 10mm

 

スクリーンに詰まったゴミが
カム作動により剥離した状態
スクリーン 目幅 10mm



作動前と作動後の入口/出口差圧変化

手軽に素早く取り除けます。

自動ストレーナー 作動前と作動後の入口/出口差圧変化


ご使用例

自動ストレーナー
岩手県水沢地方振興局殿
ST-200
自動ストレーナー

農林水産省による官民連携新技術研究開発事業の一環として
九州農政局上場農業水利事業所にて行われた実証試験の模様

ST-200


型式概要
構 造
技術データ
選定・外寸図
見積依頼


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件