2液面制御弁


2液面制御弁(過大流量カット機能付)
UFSB-2W-C 型
(PAT.)

2つの設定水位間に水位を保持
トップページ
(サイトマップ)
お問い合わせ


過大流量カット機能付

2液面制御で貯水を使い切った後に給水を始め、常に貯水を活性化します。

流量制御機能を装備して過大流量をカットし、設定流量を保持します。

独自の閉止機構により止水性能は完璧で、全閉時の漏水を防止します

パイロット弁の流路には、ニードル弁のような固定絞り部がなく、ゴミに強い構造です。
またゴミが目詰まりしても自動的に開いて排除する自掃作用があります。

簡単な構造のため、わずらわしい調整が不要、耐久性抜群で、メンテナンスフリーですから整備費が節減できます。


2液面制御弁

特許:日本、米国ほか海外


口  径 80-600mm
標準耐圧 1MPa


1.

上限ボールと下限ボールを備えたボールタップを接続配管し、設定水位(HWL、LWL)におけるボールタップの開閉によりパイロット弁を駆動し、主弁開度を自動調整して、HWL で閉止、LWL で通水開始という2液面の制御ができます。
また、オリフィスを備え、流量の変動によってオリフィス前後に発生する差圧(P1-P1')によりパイロット弁を駆動し、過大流量を防止します。

2.

HWL から水位が低下しても、ボールタップはトグル機構によって閉じたままのため、主弁は全閉状態を保持しています。
次に、LWL まで水位が低下して下限ボールのウェイトが作用し始めると、トグル機構が解除され、ボールタップが開き、主弁上面の圧力が解放されて主弁は全開となり通水を始めます。そして水位が HWL に達して、上限ボールの浮力がトグル機構を反転させるまで通水を続けます。

3.

過大流量防止の仕組みは UFSB-1W-C 型と同じです。なお、広範囲に流量制御が必要な場合は、固定オリフィスの代りにバタフライ弁等の開度調整弁(オプション)を装備します。



仕様・性能

入口圧力(1次圧力)
1MPa 以下(フランジ規格 JIS 10K の場合)

作動差圧
0.1MPa 以上

HWL と LWL のレベル差
任意に設定可能



2液面制御弁 流量特性


選定・外形寸法図

共通の選定・外形寸法図をご参照ください。


総合案内
構 造
技術データ
選定・外寸図
見積依頼


© 株式会社 横田製作所 Tel : 082-241-8675 E-mail : yokota@aquadevice.com サイトご利用条件